パルシステムお料理セットとコープ(生協)ミールキットを比較!!口コミや評判を調べてわかった時短度・価格・違い。

パルシステム_ミールキット_評判食材宅配
パルシステム ミールキットイメージ

パルシステムお料理セットとコープ(生協)ミールキットの比較が知りたい!

パルシステムお料理セットとコープ(生協)ミールキットの違いは?

パルシステムお料理セットとコープ(生協)ミールキットの価格は?

パルシステムお料理セットとコープ(生協)ミールキットどちらが時短になる?

ミールキットは普段の料理時間を短縮できる便利なサービスです。

パルシステムのミールキット(お料理セット)とコープデリのミールキットはどちらも生協のため違いなどが分かりにくいですよね。

今回の記事では、パルシステムお料理セットとコープデリのミールキットを比較しました。
以下の項目について紹介していきます。

各サービスの概要やメリット・デメリットを紹介しつつ、徹底比較していきます。
まずは、それぞれの比較ポイントから確認していきましょう。

パルシステムお料理セットとコープ(生協)ミールキットの比較まとめ

比較項目パルシステムお料理セットコープ(生協)ミールキット
お試しの有無異なる商品のお試しセットあり異なる商品のお試しセットあり
申し込み方法Web加入または資料請求Web加入または資料請求
申込みのハードル出資金の支払いはあるものの、特に申し込みハードルは高くない出資金の支払いはあるものの、特に申し込みハードルは高くない
解約方法インターネット・電話・配達担当者への申し出配達担当者への申し出・店舗
一人前の値段300円程度300円程度
賞味期限お届け翌日通常ミールキット:お届け翌日
「+1day」シリーズ:お届け翌々日
冷凍のミールキット:270日程度
配送地域と配送時の注意点東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、
群馬、福島、山梨、長野、静岡、新潟
※上記の都県内でも一部配達に対応していない地域があります。
◼︎ウイークリーコープコープみらい(東京・埼玉・千葉)、
いばらきコープ(茨城県)、とちぎコープ(栃木県)、
コープぐんま(群馬県)、コープながの(長野県)、
コープにいがた(新潟県)、コープクルコ(新潟県)
◼︎デイリーコープコープみらい(東京・埼玉・千葉)、
いばらきコープ(茨城県)、とちぎコープ(栃木県)、
コープぐんま(群馬県)、コープながの(長野県)
調理しやすさ調理時間:10〜15分程度
食材はカット済み・調理だれ同封
調理時間:15分程度
食材はカット済み・調理だれ同封
その他にかかる料金(送料など)0〜248円(税込)(東京の場合)0〜198円(税込)(東京の場合)

結論どっちが良いの?

比較表からもわかる通り、パルシステムお料理セットとコープのミールキットはどちらも生協のため、共通点が多くなっています。同じサービスだと勘違いしていた方もいるのではないでしょうか?

ここまで共通点が多いと、なかなか決め難いのが正直なところです。まずは比較表でどういったところが異なるのかを把握しましょう。それでも決められない場合は、両方のお試しセットを注文し、実際に体験してみた上で検討するのがおすすめです。ただし、各サービスによって配送地域が異なるため、お住まいの地域はどちらのサービスが対象なのかを確認しておく必要があります。

両方を試せば、味の好みや使いやすさなど、実際に体験してみないとわからないことも明らかになるので、より自分に適したものを選べるでしょう。また、スタッフの対応面も見ることができるため、サービスを長く使う場合でも安心してお任せできるようになるでしょう。

結論、どうしても決められない場合は、まずお試しセットを注文してみて、そのあと検討してみることがおすすめです。一度利用してみることで口コミや比較表からだけではわからないことも、自分だけのメリットやデメリットもわかるはずです。

パルシステムお料理セットとは

パルシステムとは、首都圏を中心に約160万世帯が利用している生協です。週に一度、食料品や日用品などの生活に必要な商品を注文すると、届けてくれるサービスとなっています。

パルシステムお料理セットは、そのパルシステムの中の1つのサービスとなっています。野菜は洗浄・カット済みで、面倒な下準備が不要となっているミールキットです。また、たれとレシピも同封されているため、手軽に料理を1品作ることができるようになっています。

パルシステムお料理セットの特徴は以下の通りです。

  • 1つのセットで1品の主菜が作れる
  • 調理時間は10〜15分程度のものが多い
  • お肉や野菜は国産
  • 1セット(2〜3人分)で800円程度〜

>>パルシステムお料理セット

パルシステムお料理セットはこだわりが多く、その中でも特にお肉や野菜は国産にこだわっているというのが、特徴的なサービスとなっています。

パルシステムお料理セットのメニュー例

パルシステムお料理セットの概要は理解できたかと思うので、ここからは具体的なメニューについてご紹介します。

パルシステムお料理セットでは以下のようなメニュー展開となっています。

  • 野菜が摂れる!ドライカレーセット
  • レンジで簡単!半熟卵入りビビンバ丼セット
  • 産直豚肉のチンジャオロースセット
  • さつまいもと産直豚バラ肉のてりてり煮セット
  • ミネストローネスープセット

>>パルシステムお料理セット

パルシステムお料理セットは、和食・中華・洋食・韓国料理と幅広いジャンルのメニューを取り扱っています。これだけ取り扱いジャンルが広いと、いろんな料理を試せて楽しくなりそうですね。普通に料理をする場合、幅広いジャンルの調味料や食品を自宅に揃えるだけでも一苦労なので、気軽にいろんなジャンルの料理を作れるのは、嬉しいポイントです。

今回ご紹介したメニューは一例であり、毎週20種類以上のお料理セットを週替わりで販売しています。毎週20種類以上のメニュー数があるため、「どれを注文しようか」と選ぶのも楽しめます。また、長期利用でも”飽き”が来る可能性が低いのはありがたいですね。

>>商品内容はこちらから

パルシステムお料理セットのメリット

パルシステムお料理セットにはどのようなメリットがあるのでしょうか?新しいサービスを利用する際は、やはりサービスのメリットをよく確認しておきたいですよね。

パルシステムには以下のような独特のメリットが5つあります。

  • 化学調味料不使用
  • 時短になる!調理が楽。
  • 不在時の置き配に対応している
  • 処理工程を開示していて、安心安全。
  • 地産地消・食育につながる

年々拡大傾向にあるミールキットの市場では、多くの企業が参入し始めています。2024年に1,900億円規模にまでなるとも言われ、注目されています。

ミールキットサービスを実施している企業は多くあり、それぞれ少しずつサービス内容を変えて差別化をはかっています。ターゲット層が異なるのもサービス内容の違いに影響しているでしょう。ゆえに、おすすめしたい方や使い勝手も異なってきます。

ここからはパルシステムお料理セット5つのメリットについて、もう少し詳しく解説していきます。

>>パルシステム(ヘルプ)

化学調味料不使用

パルシステムお料理セットの1つ目のメリットは、化学調味料不使用という点です。パルシステムで取り扱っている商品は全て、独自の基準(食品添加物基準、容器包装に関する基準など)をクリアしていて、化学調味料不使用となっています。

ミールキットは食材がカットされた状態や下準備された状態となるため、保存料などの添加物が気になるところです。しかし、パルシステムの商品であれば、化学調味料不使用などの独自の基準をクリアしているため安心です。特に小さいお子さんがいる方は食品への安全性が気になるかと思いますが、その点が考慮されているので安心ですね。

タレも化学調味料不使用となっていて、食品への安全性にかなりこだわっていることがわかります。

時短になる!調理が楽。

パルシステムお料理セットの調理は非常に楽で時短につながります。食材はカット済みの状態でパッケージに入っていて、調味料のタレも付いてきます。下準備はほとんどなく、包装から食材を出して炒めるだけや煮るだけで料理が完成するものが多いです。食材がカット済みなので、まな板や包丁などを用意して切る・後片付けをするという面倒な工程が省けます。

調理時間は10〜15分程度のものがほとんどで、忙しい日や疲れた日でも自宅で簡単に調理できます。1から料理を作ろうとするとどうしても億劫になってしまいがちですが、パルシステムお料理セットであれば、温かい手料理を食卓に並べることができるのは嬉しいですね。

不在時の置き配に対応している

パルシステムお料理セット、続いてのメリットは不在時の置き配に対応している点です。多くのミールキットサービスは生鮮食品のため置き配に対応している場合が少なく、自宅にいないと受け取れない場合がほとんどです。

しかし、パルシステムは不在時でも事前に約束した場所(玄関前など)に配達してくれます。共働きで自宅にいる時間が少ない方にはとっても便利なサービスですね。

商品は折りたたみ式のコンテナや専用の保冷箱に、保冷剤やドライアイスを入れて置き配をしてくれます。適切な温度での置き配だけではなく、封印シールでフタを留める取り組みや、保冷箱を覆うセーフティカバーの取り組みもあるため、不在時でも安心です。

処理工程を開示していて、安心安全。

パスシステムお料理セットは、食材の処理工程が開示されています。開示している他社のミールキットサービスは2022年1月時点では見当たらず、パルシステムだけが行なっている取り組みの可能性が高いです。

食材がどのように洗浄・カット・袋詰めされているのかを実際に開示してくれていると安心感が違いますね。

また、フードロスに対する取り組みも行っていて、板倉食品加工センター以外でもパルシステムお料理セットは作られています。板倉食品加工センター以外はパルシステムからするとライバル企業ですが、より良いお料理セットを作るために協力しています。

ライバル同士である企業が協力することで、足りない材料を余剰のある工場から提供してもらうことによって食品を使い切れるというメリットもあります。さらに、パルシステムお料理セットは受注生産方式のため、必要以上に生産する必要がなくなります。これらの取り組みにより、社会問題ともなっているフードロス対策につながっているのです。

地産地消・食育につながる

パルシステムのミールキットは、地産地消にこだわりつつ食育にもつながるような食材を使用しています。時短につながるのはもちろん、パルシステムらしさを忘れないようにこだわっているようです。

使われている食材の話で食卓の会話が広がって「みんなで楽しく食事ができるように」と工夫されているのは、生協ならではの「生活に寄り添った工夫」です。

また、普段自分では試せないような味や、子供の好き嫌いを解決する手助けができるようにしたいという想いもあります。共働きで子育てをしている方にとって、子供の好き嫌いまで考えてくれるパルシステムは、かなりありがたい存在となるのではないでしょうか。

お肉や野菜は国産のものを使用しつつ、タレは全て化学調味料不使用など、食材への徹底したこだわりが見受けらます。口に入れるものだからこそ、ここまでこだわってくれると安心して食事ができますね。

パルシステムお料理セットのデメリット

新しいサービスの利用を検討する場合、メリットはもちろんデメリットもきになりますよね。ここからは、パルシステムお料理セットのデメリットを2つご紹介します。

  • 予め用意しなければいけない調理がある
  • レシピが分かりづらい

特に、1つ目の「予め用意しなければいけない調理がある」というデメリットは、ミールキットのメリットである時短や調理の手間をいう観点を覆すことになりかねないため、事前に押さえておきたいポイントです。

予め用意しなければいけない調理がある

パルシステムのお試しセット「かんたん献立お試しセット」を例に献立をみると、自宅で用意しておかなくてはいけないものが非常に多いです。献立と用意するものは以下のようになっています。

献立用意するもの
1日目さわら竜田揚げかぼちゃのみそマヨマッシュお揚げとほうれん草のみそ汁ごはん、みそ、和風だしの素、マヨネーズ、油、(お好みで)サニーレタス、レモン
2日目海南チキンライスブロッコリーのバター蒸しほうれん草とふんわりたまごの鶏スープしょうが、卵、ごはん、酒、しょうゆ、砂糖、塩、黒こしょう、バター、(お好みで)ミニトマト、きゅうり、パクチー

あらかじめ用意しないといけないものがかなり多いだけではなく、記載も小さいため見落す可能性が非常に高いです。さらに、用意するものはなかなか自宅では使わないようなものがあります。例えば、パクチーはよほど料理好きでなければ購入しないような食材ではないでしょうか?

時短のために購入する方が多いはずですが、ここまで用意する食材や調味料が多いと、気軽に利用できなくなってしまいそうです。

パルシステムお料理セットのメニューであれば、調理のタイミングで用意しなくてはならないものはこれよりも少なくなっています。食材はカット済みでタレも同封されています。多くのメニューは、ごま油やオリーブオイルや片栗粉のいずれかのみで手軽に準備できるものが中心です。

>>かんたん献立お試しセット

レシピが分かりづらい

もう1つのデメリットはレシピのわかりづらさです。口コミを確認してみると「レシピが分かりづらい」というものがありました。

具体的には、炒める時間や調味料の量が抽象的で分かりづらいという口コミが見受けられました。炒める時間や大さじ小さじの回数がレシピに書いてないため、普段料理をしていない方だと分かりづらいと感じてしまうのでしょう。

普段から料理をしている方は、ざっくりとしたレシピの説明でも全く問題ないかもしれません。ミールキットのように、料理を簡単かつ時短で済ませるためる目的の場合は、このようなレシピの書き方だと非常に困ってしまいますよね。

しかし、最近はこのレシピの分かりづらさは改善され、生協パルシステムのレシピサイト内にもレシピが掲載され、非常に分かりやすくなっています。説明の方法も、どれくらいの火力で何分煮るのか、調味料の量はどれくらいなのかが具体的に記載されており、以前のような混乱はないでしょう。

これだけ詳しくレシピが記載されていれば、普段料理をしない方でも手順通りの調理で失敗を防げるでしょう。また、記載方法も順番が明確で非常に見やすく改善されたため、調理しながら確認することができます。調理中はどうしても手が離せないこともあるので、ここまで分かりやすくレシピを記載してくれるのはありがたいですね。

コープ(生協)ミールキットとは

コープデリは、食材から日用品まで幅広く取り扱う生協です。コープの特徴は、取り扱い商品の豊富さと手頃な価格です。配達方法も選べて、暮らしにあった方法で利用できるようになっています。

コープ(生協)ミールキットは、コープデリのサービス1種です。335万世帯以上が登録しているサービスで、人気なのがわかります。カット済みの野菜・お肉・魚・調理だれがセットになっている商品を冷蔵で届けてくれます。

調理に必要なものが1つのセットに同封されているため、とても手軽なサービスとなっています。また、面倒な下ごしらえもコープデリが行なってくれるため、食材に火を通した後は調理ダレを混ぜ合わせるだけで、誰でも簡単に調理ができます。簡単な調理で立派な主菜1品を完成できるのは、忙しいサラリーマンや主婦にとっては非常にありがたいですね。

コープ(生協)ミールキットは、基本的には手渡しのお届けですが、不在時はボックスへの置き配も行なっています。毎日忙しくて在宅時間が短い方でも、安心して利用できるサービスです。

コープ(生協)ミールキットのメニュー例

ミールキットにおいて、取り扱いメニューの豊富さはかなり大事なポイントですよね。まず、コープのミールキットには以下2種類のコースがあります。

  • 主菜コース
  • 副菜付きコース

コープ(生協)のミールキットは各コースによってメニューが違うため、それぞれみていきましょう。

【主菜コース】

  • シャキシャキれんこんとつくねのオイスター炒め
  • 豚肉ときゅうりのピリ辛みそ炒め
  • 7種スパイスのタンドリーキチン

【副菜付きコース】

  • チキン南蛮+いんげんと根菜のスープ
  • バターチキンカレー+ラッシー風ドリンク+コールスローサラダ
  • 鶏肉と白菜の中華旨煮+玉子ポテマカサラダ

コープのミールキットには、「WorldDish」シリーズという世界の名物料理を家庭で味わえるものや、「+1day」シリーズという消費期限をお届け日の翌々日までに実現させ、利便性をアップさせたものまであります。このように、コープ(生協)のミールキットは豊富なラインナップとなっているため、利用の目的に合わせたメニューが注文できるのは嬉しいポイントでしょう。

>>コープデリのミールキット

コープ(生協)ミールキットのメリット

コープ(生協)のミールキットにはどのようなメリットがあるのでしょうか?コープもパルシステムも生協のため、差別化ポイントを把握するのは難しいかもしれません。そのため、どちらのサービスを利用するべきか決めかねているという方も多くいるでしょう。

ここではパルシステムお料理セットにはなかったメリットをご紹介します。コープ(生協)のミールキットは、「時短」という部分において他のミールキットサービスと差別化されています。時短の秘密は冷凍ミールキットの存在です。

それでは、コープ(生協)のミールキットが持つ「時短」というメリットについてより詳しく解説します。

冷凍のミールキットがあり、時短になる

コープでは冷凍のミールキットを取り扱っています。冷蔵タイプのミールキットと調理方法はほとんど変わらず、簡単です。また、約10分で主菜を完成させられるため、かなりの時短になります。

もちろん、冷蔵タイプのミールキットも時短になります。しかし、どうしても消費期限が翌日や翌々日になっていて、急な予定変更は対応が難しいでしょう。せっかくミールキットを準備していても、使いきれなくて無駄にしてしまうなんてことがあるかもしれません。ミールキットの消費期限は注意深く確認すべきです。

しかし、冷凍のミールキットであれば消費期限が長くなります。急な予定変更にも対応でき、食品を無駄にすることもなくなります。また、忙しい日のストックとして購入しておくこともできるようになります。

コープ(生協)ミールキットのデメリット

メリット以外にもサービスのデメリットを把握しておくことは大切ですよね。コープ(生協)のミールキットにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

コープの大きなデメリットは、配達地域の少なさです。生協であるという特性上、配達地域が狭いことはある程度仕方のないことなのですが、利用したくても対象地域でないと利用できないないため、不自由と感じる方は多いでしょう。

それでは、コープ(生協)のミールキットのデメリットについてもう少し詳しく解説していきます。

配達地域がパルシステムよりも狭い

コープのデメリットの1つとして、配達エリアの狭さが挙げられます。配送地域が狭いとどうしても利用したいのにできないことになってしまうため、ミールキット利用を考えている場合は、まずはじめに確認しておきましょう。

コープのミールキット配送地域は、宅配方法によって異なります。

  • ウイークリーコープ:決まった曜日に配送
  • デイリーコープ:毎週月曜日〜金曜日の週3回の配送

デイリーコープはウイークリーコープに比べて配達地域が狭くなっています。以下の箇条書きからよく確認しておくようにしましょう。

【ウイークリーコープ】

  • コープみらい(東京・埼玉・千葉)
  • いばらきコープ(茨城県)
  • とちぎコープ(栃木県)
  • コープぐんま(群馬県)
  • コープながの(長野県)
  • コープにいがた(新潟県)
  • コープクルコ(新潟県)

【デイリーコープ】

  • コープみらい(東京・埼玉・千葉)
  • いばらきコープ(茨城県)
  • とちぎコープ(栃木県)
  • コープぐんま(群馬県)
  • コープながの(長野県)

コープのミールキット配送地域は、主に関東全域(神奈川県を除く)と長野県と新潟県となっています。かなり配送地域が狭くなっているため、コープのミールキットを利用しようと思ったけど、配送地域外で利用できなかったというケースが多そうです。

>>コープデリのミールキット

パルシステムお料理セットとコープ(生協)ミールキットを比較

ここまで、パルシステムお料理セットとコープのミールキットの概要やメリット・デメリットについてご紹介してきました。しかし、どちらも生協であるため、なかなか差別化が難しく、どちらにしたらいいのか悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか?

そこで、パルシステムお料理セットとコープのミールキットを、最初の表で比較した以下の項目をより詳しく見ていきます。

  • お試しはあるか?
  • 申し込み方法
  • 申込みのハードル
  • 解約方法
  • 一人前の値段はいくら?節約になる?
  • 賞味期限は?
  • 配送地域と配送時の注意点は?
  • 1人前あたりの値段
  • 調理しやすさ
  • その他にかかる料金(送料など)

自分にあったサービスを選べるように、どちらの方がライフスタイルに合っているかなどを考えながら、チェックしてみてください。

お試しはあるか?

パルシステムもコープもお試しセットがあります。しかし、どちらのお試しセットも今回ご紹介している商品のお試しはありませんでした。

各サービスのお試しセットの内容をご紹介します。

【パルシステム】

  • お試しセットの種類:かんたん献立おためしセット(冷凍)
  • 価格:780円(税込)
  • 内容:かんたん献立おためしセット2回分

【コープ】

  • お試しセットの種類:時短冷凍セット2種類、離乳食セット1種類の計3種類
  • 価格:時短冷凍セットは1,980円(税込)と980円(税込)の2種類、離乳食セットは500円(税込)
  • 内容:時短冷凍セットは便利な冷凍食品を中心とした8品または4品、離乳食セットは便利な離乳食3品
  • どのお試しセットも、「ふっくら卵のオムライス」が付いてくる

パルシステムの場合は、今回ご紹介している「お料理セット」ではなくそれに近い「かんたん献立セット」がお試しセットの内容となっています。コープの場合は、ミールキットではなく冷凍食品または離乳食がお試しセットの内容となっています。

どちらのお試しセットも、今回ご紹介している商品をそのままお試しできるものではありません。しかし、口コミなどではなかなかわからない部分である料理の味やスタッフの対応などを体験できるものとなっています。

申し込み方法

パルシステム、コープの申し込み方法は、資料請求から行う方法とWeb加入の2種類があります。今回は手軽に申し込みができるWeb加入の方法についてご紹介します。

【パルシステム】

  1. 申し込み
  2. 出資金の支払い(一口1,000〜2,000円※地域によって金額が異なる)
  3. 利用開始

>>申し込みはこちらから

【コープ(ウィークリーコープ)】

  1. 配達エリア
  2. 申し込み情報入力
  3. 出資金の支払い
  4. 利用代金引き落とし口座の登録
  5. 配達曜日・時間の決定、利用開始

>>申し込みはこちらから

※デイリーコープは資料請求からの申し込みとなっています。

パルシステムとコープで申し込み方法にそれほど大きな差はありません。どちらも生協のため、出資金の支払いが必要になっています。出資金とは、生協の運営資金とさせて支払うお金です。金額は地域やサービスによって異なりますが、一口500〜2,000円前後となっています。この出資金は生協を脱退時に返金されるため、ご安心ください。

申し込み情報の入力と出資金の支払いなどが無事に行われれば、パルシステムもコープも利用を開始できます。それほど手間はかからないため、利用したい場合は早めに対応を完了させ、スムーズに利用開始できるようにしておきましょう。

申込みのハードル

パルシステムの申し込みもコープの申し込みも難しいことはなく、申し込みハードルは高くないと言えるでしょう。基本的な申し込み手順から加入までも同様のステップとなっていて、特に差別化ポイントはありません。

どちらもWeb加入が可能で、必要情報の入力や支払い方法などの設定、出資金の支払いを行えば、問題なく加入できるはずです。不安な場合は資料請求をして、担当者から直接サービスの説明を受けることもできるため、加入に不安がある方は資料請求も検討してみるとよいでしょう。

他社では出資金が必要ないため、少し他社と比べると申し込みのハードルが高いと感じる方もいるでしょう。しかし、出資金は脱退時に返却されるため、損をすることはありません。

また、サービスを試してみてから加入したいという方にも、どちらのサービスも対応しているため、気軽にお試しセットを注文してみてから加入を検討することもできます。お試しセットで実際にサービスの内容や味、スタッフの対応などを体験してみることができるので、不安感を払拭してから加入できるようになっていて、安心ですね。

解約方法

パルシステムもコープも比較的簡単に解約することができます。ただし、コープはインターネットからの解約に対応していないため、少し面倒と感じる方もいるかもしれません。特に普段からなんでもインターネットで完結させている世代にとっては、少しストレスとなる方もいるでしょう。

各サービスの詳しい解約方法は以下の通りです。どちらのサービスも脱退完了後、出資金の返金が行われます。

【パルシステム】

  1. 1-1パルシステムへ脱退を連絡
    【インターネット登録がお済みの場合】
    お問い合わせから「脱退」を選択してご連絡
    1-2【インターネット登録がお済みでない場合】
    お電話で連絡または、配達担当者にお申し出を行う
  2. 脱退申込書を受け取り、記入
  3. パルシステムへ提出
  4. 出資金・増資金の返金を確認

>>解約について

※脱退手続きの完了後2カ月程度で口座に返金されます。

【コープ(コープみらい・東京エリア)】

■宅配をご利用の方

  1. お届け時に職員へ申し出る
  2. 手続き完了後、出資金を指定口座へ振込みで返金

■店舗をご利用の方、お近くにコープのお店がある方

  1. 店舗でもお手続き可能
    ※自宅以外で手続きをする場合は、本人確認書類が必要となります。
  2. 手続き完了後、出資金を指定口座へ振込みで返金

>>解約について

どちらのサービスも大きな差はありませんが、解約手続きをインターネットから行いたい場合は、パルシステムがおすすめです。

一人前の値段はいくら?節約になる?

各サービスの値段も気になるところです。食費は節約したい場合には、大きなポイントとなるため、1人前あたりの値段がどれくらいなのかをしっかりと把握しておきたいところです。

メニューにもよりますが、値段はパルシステムが一人前あたり300円程度で、コープの場合は一人前あたり300円程度(主菜1品)です。

各サービスごとに一部メニューをご紹介していきますので、価格の部分で比較してみてください。

【パルシステム】

  • 野菜が摂れる!ドライカレーセット(3人分):950円(税込)
  • レンジで簡単!半熟卵入りビビンバ丼セット(3人分):1,078円(税込)
  • 産直豚肉のチンジャオロースセット(2~3人分):862円(税込)
  • さつまいもと産直豚バラ肉のてりてり煮セット(2~3人分):970円(税込)
  • ミネストローネスープセット(3〜4人分):848円(税込)

【コープ】

2~3人前セットは、798円、880円が中心となっていて、利用しやすい価格設定となっています。各メニューの詳しい価格については非公表となっています。

どちらも価格に大きな差はなく、2〜3人前のセットが多くなっています。味の好みやメニュー展開のジャンルは多少異なるため、好みのものがどちらの方が多いのかチェックしてみるのがおすすめです。比較的低価格なので、時短で楽をしながら節約もしたい方にはぴったりです。

賞味期限は?

ミールキットの場合、食材があらかじめカット済みで下準備が完了した状態となっているため、日持ちしないことがデメリットとなっていることが多いです。パルシステムやコープの場合はどうなのでしょうか?

結論、パルシステムよりもコープのミールキットの方が消費期限が長いものが多いです。各サービスの消費期限をまとめてみると以下の通りです。

【パルシステム】

  • ほとんどのメニューの消費期限は、お届け翌日まで

【コープ】

  • 通常のミールキットの消費期限はお届け翌日まで
  • 「+1day」シリーズの消費期限はお届け翌々日まで
  • 冷凍のミールキットの消費期限は、270日のものが多い

コープのミールキットは日持ちを考えたシリーズや、冷凍のミールキットの取り扱いがあるため、消費期限が長めに設定されているものがあります。特に冷凍のミールキットは消費期限が半年以上となっていて、買い置きにも適しているのです。

決して、パルシステムのミールキットの消費期限が短いという訳ではありませんが、コープのミールキットと比較すると少し短くなっています。なるべく日持ちするミールキットを注文したい場合は、コープのミールキットがおすすめです。

配送地域と配送時の注意点は?

配送地域は各サービスで大きく異なります。パルシステムの配送地域の方が広く、関東甲信越を中心に1都11県で対応しています。一報、コープは関東(一部を除く)と新潟県・長野県が配送地域となっています。

各サービスの配送地域は以下の通りとなっています。コースによって異なる場合もあるため、よく確認しておきましょう。

【パルシステム】

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 福島
  • 山梨
  • 長野
  • 静岡
  • 新潟

※上記の都県内でも一部配達に対応していない地域があります。

【コープ】

◼︎ウイークリーコープ

  • コープみらい(東京・埼玉・千葉)
  • いばらきコープ(茨城県)
  • とちぎコープ(栃木県)
  • コープぐんま(群馬県)
  • コープながの(長野県)
  • コープにいがた(新潟県)
  • コープクルコ(新潟県)

◼︎デイリーコープ

  • コープみらい(東京・埼玉・千葉)
  • いばらきコープ(茨城県)
  • とちぎコープ(栃木県)
  • コープぐんま(群馬県)
  • コープながの(長野県)

配送地域以外の場合、利用したくても利用できないということになってしまうため、あらかじめ配送地域は確認しておくようにしましょう。コープが対応していない地域でも、同じ生協のパルシステムが対応していないか、まずは確認してみてください。

調理しやすさ

パルシステムとコープ、どちらのミールキットも非常に調理がしやすくなっていて、この点では差別化が難しくなっています。

調理のしやすさは、時短や手軽さを重要視するミールキットにおいて大事な判断ポイントですが、パルシステムとコープどちらのミールキットもその点は問題ないと言えるでしょう。

また、食材もカット済みの状態で包装され、調理ダレも同封されています。自分で用意するものでも、サラダ油やごま油などの簡単な調味料で炒めたり煮るだけだったりと、簡単な調理で完成するメニューとなっています。

気になる調理時間については、各サービス以下の通りです。

【パルシステム】
10分〜15分程度のものが多い

【コープ】
10分程度のものが多い

パルシステムお料理セットに比べて、コープのミールキットの方が若干調理時間が短い傾向にあります。しかし、そこまでの大差はないため、味やサービス面など他のポイントでどちらを利用するか判断するとよいでしょう。

コープの商品ページでは、ミールキットを使ったアレンジレシピも紹介されています。「いつもの味に飽きたな。」と思ったら、卵や野菜を少しプラスするだけでいつものミールキットのアレンジ料理が完成です。

その他にかかる料金(送料など)

パルシステムとコープはどちらも手数料が発生します。具体的には、入会時の”出資金”を支払う必要があるのです。その代わり、年会費は無料になっています。

各サービスの詳しい手数料については以下の表をご覧ください。

【パルシステム】(※東京の場合)
1回の利用金額
個人
12,000円以上
0円
5,000円以上
165円(税込)
2,000円以上
198円(税込)
2,000円未満
248円(税込)

※注文がない場合でも手数料が発生します。
※キッズ特典やシルバー特典、ハンズ特典などの割引制度があります。

>>料金について

【コープ】(※東京の場合)
1人で利用する場合
198円(税込)
2人で利用する場合(指定場所にまとめて配送)
88円(税込)
グループ(3人以上)で利用する場合(指定場所にまとめて配送)
0円

※1回のご注文でご利用金額が6,000円(税別)以上の場合、手数料は無料になります。
※商品配達がない時は基本手数料(88円・税込)のみとなります。
※新規加入特典や赤ちゃん割引、シルバー割引、ふれあい割引などの割引制度があります。

>>料金について

いずれのサービスも毎回手数料がかかります。しかし、一定条件をクリアすれば無料になる割引制度もあるため、うまく活用すれば毎回発生する手数料を無料にができます。手数料もそこまで大きな差はないですが、利用スタイルによっては一方がお得になる場合もあります。

まとめ

ここまでパルシステムお料理セットとコープのミールキットを比較してきましたが、やはりどちらも生協であるという特性から判断が難しいところです。食材にはどちらもこだわっているため、安心感があります。ご紹介してきたパルシステムとコープは食の安全性を重要視する方にはぴったりのミールキットサービスです。逆に、食の安全性より時短を求めている方は、他社のサービスを検討してみてもよいでしょう。

他には、それぞれのサービスの概要やメリット・デメリットを理解した上で、申し込みのハードルや値段、調理のしやすさなど様々な視点から比較してきました。パルシステムにも、コープにもそれぞれに良さがあるため、まだ迷っている方もいるでしょう。そんな方は、一旦は両方のお試しセットを体験してみるのがおすすめです。

それぞれをお試しセットで体験すれば、テキストベースな情報を比較するだけではわからなかった、味の好みやスタッフの対応などもわかります。

パルシステムのクーポン情報

最後に、パルシステムのお得なクーポン情報をご紹介します。パルシステムではキャンペーンを実施しており、新規Web加入で3,000円分のクーポンやこくせん72牛乳(2021年9月〜11月限定)をもらうことができます。

キャンペーンの詳細は地域によって異なるため、今回は東京の新規Web加入のキャンペーン内容をより詳しくご紹介していきます。

特典内容は以下の通りです。

  • 3,000円分のクーポンプレゼント(有効期限あり)
  • こくせん72牛乳(1000ml)をプレゼント(2021年9月〜11月限定、初回企画から4週の間かつ12月4回企画(12月13日~12月17日)までに初回注文された方が対象)
  • 人気商品10%オフ&お米5%オフ(加入から4週間限定)

この他に、資料請求によるプレゼントも実施しています(パルシステム東京の場合)。資料請求をすると、人気商品おまかせ1点がプレゼントでもらえます。商品の変更もありますが、2021年10月時点では、産直小麦のホットケーキミックス・キャロっとさんミニ(3本)・スパゲッティがもらえます。

よりお得に加入するなら、特典がたくさんあるWeb加入がおすすめです。先述したように、地域によってキャンペーン内容が若干異なる場合があるため、まずはご自身の対象地域の詳細を確認をしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました