からあげ屋開業

成功する唐揚店の秘密

ある気付き

やすひさは日本唐揚協会を10年以上やってきまして、

ある気がついたことがあります。

それは唐揚店の成功の法則です。

唐揚店成功法則

それは、

うまくいっている唐揚店は
間違いなく地元で評判なお店である

ということです。

いやいや、当たり前でしょ!

って思われますか?

まあ、当たり前と言えば当たり前なのですが、

チェーン店でもよく人が入る店とそうでない店があると思いますが、

地元で評判なんです。そのチェーン店。

じゃあ、どうして評判になっているの?

お伝えすべきことは、これですよね。

唐揚店成功法則の裏側にある3つのこと

これを分析すると、

  • 徹底的に目の前のお客様の満足度と向き合う
  • スタッフ全員で前回より1%だけ高い満足度を狙っている
  • その為に何をするかを定期的に話している

3人集まれば文殊の知恵とはよく言ったもので、

これらについて、よくよーく話したり考えています。

いつもこれについて話すので、普段からこういう思考になっていってるんですね。

もちろん、その一環としてマーケティング手法など様々ありますが、

それはどちらかというと戦術レベルの話で、

戦略構築という意味合いでは、徹底的に「満足度」を追求しています。

ここで重要なのは、この「満足度」の一環として「美味しさ」があるということです。

今の時代、美味しさが全てではない

昔の飲食店では「美味しさ」が一番で、

美味しければ客はついてくる!

なんて言ってた有名なシェフもいたかとは思います。

時代というと、大きく括りすぎてぼやけてしまいますが、

特に2011年の東日本大震災以降、個人の想いが至上というか、

一般という概念の逆をいく「意識の変革」が起きて以来、

美味しさの多様化が大きく進んでいます。

ましてや2020年のパンデミックで人との接点が大きく代わりましたので、

美味しさの多様化だけではなく、

シーンの多様化もより大きくなる10年になっていきます。

10年前と今と10年後では全然世界が変わってるんですよね。

だから、「美味しさ」という一要素だけでは勝負できる世界ではなくなっているです。

もちろん、唐揚店だけでなく、飲食店全般のお話しです。

そして、美味しさを無視しろという話でもありません。

美味しさは必須です。

美味しく無ければ土俵にも立てません。

美味しいは当たり前で、

お客様の満足度を前に来店してくれた時より1%の+αを目指すことで、

これは「感動」という体験に変わるのです。

唐揚店が売るべきものは「感動」

これがもし行くたびに+1%を体験できたら、

何かあれば絶対そこに行きますよね。

今の時代、この「感動」を売るというのが唐揚店、飲食店の本質なのではないかと考えます。

やすひさはそういう唐揚店を増やしたいと考えていまして、

今のところ、日本唐揚協会で行っているからあげシェアードFCの研修は、

やすひさが最初から最後まで研修を行っていますが、

これを実践するために何ができるかをお伝えしてます。

もし、そんな唐揚店をしたいのであれば、

ぜひ、からあげシェアードFCを検討してみてください。

からあげシェアードFC
ABOUT ME
やすひさてっぺい
1996年 学生時代にITで起業し、WEB制作、アプリ制作、システム開発など多岐に亘る仕事の傍、唐揚げが好きで「唐揚げ唐揚げ」言い続け、現在18万人の会員を有する日本唐揚協会を創設。唐揚げに関わるコンサルティングやITを活用したコミュニティ構築、協会構築の応援をし続けている。