自動化

著者プロフィールを入れてみました

この記事は誰に向けての記事か

この記事はWordpressをオウンドメディアにしようとされている方に向けた記事です。

WordPressで記事を書く際に、

著者をしっかり記載することで信用を得ようという狙いの元、

プラグインで簡単に記事に自動追加できる方法をお伝えします。

著者プロフィールが簡単に記事に入ったら

著者のプロフィールが簡単に記事に入ったらいいですよね。

著者のプロフィールがあるだけで、ちゃんとしている記事っぽく見えるし、

そうすると信頼感にもつながるでしょうし、

そうすると、読んでる人は安心して内容に集中できるし、

そうするとリンクでも貼って覚えておこうなんてことにもなったりして、

いいことばっかりですよね。

でも実際は入れるとなると大変だったりして

でも、入れようと思ったらプロフィールをどこかに別に保存しておいて、

コピペしてわざわざ貼り付けるだけでも面倒なのに、

保存しておいたはずのプロフィールがどこかに行ってしまって、

また一から作り直す羽目になったり、

頑張ってテンプレートを直接いじってなんとか入れようとして、

なんか変なところいじって、収集つかなくなって、

結局テーマを入れ直して最初からやり直すってことあったりして、

プロフィールを入れるってだけで結構苦労したりするわけですよ。

は〜大変

それが一回設定するだけで解決?!

それを一回設定するだけで、どんな記事にもプロフィールが載せられちゃう。

そんな夢のようなプラグインがこちら!

Simple Author Box

でございます!

使い方はコチラを参照ください。

https://freesworder.net/simple-author-box/
【WordPress】著者プロフィールの表示プラグインSimple Author Boxの使い方

写真に関しては、

やすひさはこの通りやってもうまくいかなかったというか、

簡単になってまして、

プロフィール写真をアップできる項目が増えていましたので、

そこから普通にアップして使えました。

簡単になってよかったですよね!

ABOUT ME
やすひさてっぺい
1996年 学生時代にITで起業し、WEB制作、アプリ制作、システム開発など多岐に亘る仕事の傍、唐揚げが好きで「唐揚げ唐揚げ」言い続け、現在18万人の会員を有する日本唐揚協会を創設。唐揚げに関わるコンサルティングやITを活用したコミュニティ構築、協会構築の応援をし続けている。